千葉県よりご来店のアコードツアラーにメッキモール施工しました。

メッキモールフィルムとメッキモールコーティング施工に自信のある千葉県市川市のカービューティーアイアイシーです。本日は千葉県よりご来店のアコードツアラーのメッキモールに施工をさせて頂きました。今回の施工はまだメッキ部にウロコ状の模様が付着するほどには至っていないものでした。ただ右側に比べ若干ひだりがわのモールが白く濁って来た感じです。オーナー様の話では左側の方が日の当たる時間が長いとの事でした。

まずは磨きでメッキ本来の輝きを復活させます。P3011670

P3011668左側状態を右側の輝きまで戻します

今回は程度が良好の為モールフィルムを貼るのをやめて、モールコーティングにしました。フィルムに比べ耐久年数は短いですが、気になる部分は見事に復活していますのでお手頃価格の施工でOKです。

脱脂を行いモール付近の養生としてマスキングを行います。

DSCN0196

そしてコーティングです。専用ペーパーを使用しモールに塗り込みますが、コーティング剤がとても伸びる性質がある為何度も塗り込み伸ばしを繰り返します。

DSCN0195

全周塗り込み完了、施工終了です。

新車時にコーティングする事で劣化を軽減できます。傷んだメッキモールも復元します。メッキモールコートの耐久性は1年前後となりますので、定期的なコーティングがお薦めです。更に耐久性をお求めでしたらメッキフィルムをお薦めします。耐久性は3倍~5倍程となります。